HOME >  ビジネスホンの導入をご検討なら

ビジネスホンの導入をご検討なら

ビジネスホンの導入は企業の規模にも寄るでしょうがどうしても電話器の台数がまとまった数になります。
一般家庭の電話が多くても2台くらいなのに対して、企業では電話器の数も20台とかそれ以上になります。そうすると導入費用も高額となってしまいます。
これを買取りで一括購入するにはどうしてもとお考えの場合には、リースで導入することも可能です。
ビジネスホンの部品のメーカー保証期間は7年程度ですから、4~5年のリースを組んで購入し、リース満了後は予算と見比べながらリースの延長で対応するというのが企業の場合なら常套手段でしょう。
導入後4~5年もするとビジネスホンも後継機種が出て、機能的に買い替えたくもなるでしょうから、買い取ってしまって買い替えがしにくくなってしまうのも考えものかもしれません。
企業にとって電話はある意味事業活動の必須アイテム。必ずしも買い取らず必要経費として毎月支払っていくのが良いかもしれませんね。
ビジネスホンの本体、つまり主装置にはボードが搭載されており、このボードで電話器を制御しています。電話器の数が20台を超えるとボードの追加が必要となり、価格も高くなってしまうでしょうから、導入価格と台数は比較検討の対象と言えます。

新着情報