福井県のファミリー向け賃貸物件

福井県は持ち家率が高いため、ファミリー層向けの賃貸物件は、他の地域に比べて多いほうでもありませんが、それでも物件数はかなりあります。人口減少時代となり、賃貸物件は全国的に余り気味ですから、家賃もそれほど高いものとはなっていません。借りる側としては、好ましい状況にあると言えます。県庁所在地でも、2LDKの物件が管理費込みで55000円程度から借りられます。築年数も16年程度ですから、それほど古い建物というわけでもなく、南向きできれいな物件でもそうした家賃となります。家賃が安い物件は、駅から徒歩圏内というのは難しくなりますが、バスが通っており、車がなくても十分暮らせます。しかし、自家用車の保有率が高い地域ですから、ほとんどの家庭には車があるわけであり、駅から少々遠くても不便はないと考えられます。

礼金がゼロか、ひと月分の物件が多い

礼金は、福井市内で見る限り、無料となっている物件がほとんどとなっています。稀にひと月分としているところがある程度です。これは借りる側にとって、たいへん歓迎すべきことです。敷金は戻って来る場合がありますが、礼金は丸々出費となります。初期費用が安く済むため、引越しもしやすくなります。敷金も礼金も不要としている物件が大半を占めているということは、需要よりも供給数が多いということを示しているとも考えられます。借り手市場となっているわけであり、賃貸派にとっては喜ばしい状況です。家族がいれば、そう頻繁に引越すわけにはいきませんから、より良い条件のところを選ぶため、数多くの物件を当たり、比較検討して、吟味することが望まれます。そうした選び方をすることで、物件全体で、条件の改善もなされやすくなります。

県内のファミリー向け高額物件の特徴

福井市のファミリー向け物件で高額となっているのは、駅から徒歩圏内にある物件や、戸建ての物件です。駅から徒歩圏内のマンションになると、3LDKで管理費込で12万円にもなっています。都市ガスが使えるため、ガス代は非常に安く済むでしょう。冬は雪が降り、相当冷え込みますから、都市ガスかプロパンガスかというのは大きな問題です。築浅で戸建ての貸家だと、駅からバスを使うような立地であったとしても、管理費込で9万7千円ほどします。最近は、都市部では持ち家志向が弱まってきています。県内ではまだまだ持ち家志向は続いているでしょうが、持ち家志向がなくて戸建てに住みたいという場合は、こうした物件が利用できます。ただ、貸家の数が少ないため、家賃は高めです。人口減少は続いていますから、今後も全体的に、家賃が下がっていくことが期待されます。

賃貸を借りたい人にもわかりやすく、賃貸を貸したい人にもわかりやすく、そんな夢のようなサービスを展開しているのが当社の強みです。 賃貸物件入居された方には、大人数でのご旅行に最適な、エルエース(ハイエース)を無料で使っていただけるようになりました。 当社では、福井県内やその近郊にお住まいをお探しの方のために、豊富な物件のなかから最適なものをご提案します。 福井でおすすめのファミリー向け賃貸はこちらから